子どもにとっての楽園。キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

自分だけに影響することなら危ない橋も渡るタイプですが、キャンプは一緒に行く家族や友達にも関係する話なので、とにかく最初はあえてベタ中のベタで固めることにしています。始まりの地でのキャンプの後に選んだ、関東圏で行く初めてのキャンプ場は、色んなランキングで子連れキャンプの最上位にいることが多い、あまりにも有名なキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原。ベタすぎる!でもそれでいいんです。那須には友達がいて、ただキャンプするだけでなく、友達にも会えますし。

でも、本当に行って大正解でした。途中で雨に降られたものの、子供向けのアクティビティが充実しているので、全く問題なし!

まずは全ての子どもが大好きなジャブジャブ池。キャンプ場の真ん中にあるので、どのサイトからでもアクセスできます。めちゃくちゃ飛ぶ水鉄砲が売っていて、みんなそれで大盛り上がり。

IMG_0352

ジャブジャブ池のほとりに小屋があって、登っていくといかにも秘密基地な場所があって、当然ここでも大興奮。

IMG_0618

超大量のスーパーボールを放って、みんなで拾うというスーパーボールすくいもあります。祭とかによくありますが、スケールが違う。うちの長男はみんなに入れてもらえずに、すねて参加してませんでしたが(笑)。それも経験です。

IMG_0704

それ以外にも、キャンプ場の中にこういう滑り台みたいなところもあって、決して広い場所ではないのですが、飽きません。

IMG_0551

他にも、「クリスタルハンター」という、砂の中から宝を見つけ出すアトラクションがあり、ここでも子ども大興奮。うちの長男も無言でひたすら砂を掘り続け、レアもののカエルの石を見つけて、すごく嬉しそうでした。他の子どもたちからの「うわ〜あれ羨ましい!」という視線がまた嬉しいのでしょう。

IMG_0728

IMG_0729

夜になったら、場内の子どもが全員参加してるんじゃないかという疑惑すら出てくる、ビンゴ。かなり本格的に何枚もの紙を使って判子を押してやっていくもので、タンバリンとかがあってみんなでいちいち盛り上がりながらやってました。景品はColemanのグッズでしたが、結構高額なものもあり、しかも発表する時にはスモークまで焚いて、盛り上げ方が徹底してました。
IMG_0480

肝心の自分たちのサイトの中では、夜はファイアグリルを使ってBBQをやり、余った炭でカレーと焼きいもをつくりました。焼きいもがただ放置してただけなのでありえないくらいおいしくて、驚きました。

IMG_0391

IMG_0483

IMG_20160526_192946

IMG_0503

長男が焼きいもを包むところや、バーベキューで肉を焼くところ、さらに洗い物まで手伝ってくれて、感動しました。キャンプはこういうところが素晴らしいですね。自然に、何かしらの形で協力するようになるという。

IMG_0527

夕方からは少し晴れてきて、みんなが寝てからは一人で少しだけ星を見ながら焚き火を楽しみました。

IMG_0455
朝は、前日からつくったカレーとコーヒー。気持ちのいい時間でした。スパイスを別添えにすれば、子どもも大人も両方楽しめます。

IMG_0635

IMG_0578

今回はテントじゃなくてキャビン泊だったので安心かなとおもいきや、外の屋根がないところでバーベキューをやろうとした瞬間に思いっきり雨が降ってきてなんとかタープをレンタルして、見よう見まねで事無きを得ました。調味料からキャンプ用品まで全部売店に揃っていて、おまけに朝ごはんやパンの販売もあるし、ジャブジャブ池の横では子どもたちを見ながらビールを飲めるし、至れり尽くせりという言葉がぴったりでした。というわけで、僕みたいな初心者や子どもを中心にしたキャンプをしたい方には、超オススメです!

IMG_6549

IMG_20160524_183725 (1)

帰りには、友達の牧場に寄って動物に触れたり、飲食店時代の友達のパンケーキカフェに寄って美味しいパンケーキを食べたり、那須での時間はキャンプ以外も最高でした。

IMG_0771

IMG_0809

子どもにとっての楽園。キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です