絵本レビュー「あくび」

飯野和好さんの絵本は本当にクセになるものが多いのですが、中でもうちの子はこれがお気に入りです。表紙からしてすさまじいインパクト、中もどう見ても日本ではないファンキーな場面がたくさん出てきて、飽きません。

しかしインパクトだけかとおもいきや、リズムに合わせてあくびが色んな人にうつっていって最後には主人公である子どもが眠くなる、というストーリーなので寝かしつけにも使えるという万能ぶり。素敵です。

IMG_20160619_165620

IMG_20160619_165648

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です