一緒につくる喜び

以前、妻はケータリングや飲食店をやっていて、天然酵母のパンも家でよく焼いていました。子どもが生まれてしばらく遠ざかっていたのですが、最近また焼くようになりました。でも、同じパンを焼くのでも以前とは大きな違いがあります。今度は子どもたちが酵母をおこすのを手伝ってくれたり、パンを成形するのを手伝ってくれたりしています。

元々長男は料理のような作業、粘土をこねたり水と絵の具を混ぜたりということが大好きなので、その延長線上のような感じで楽しく手伝ってるみたいです。

やっぱり、自分たちでつくったもの、つくる過程や変わる過程を見たものというのはすごく興味を持って愛着も湧くみたいですね。

男の子ということもあっていつまで一緒にやってくれるのかわかりませんが、今はこの素直さに感謝しながら、「お手伝い」ではなく、何かを一緒に楽しみながらつくるというかけがえのない体験を楽しみたいなと思います。

DSC09151

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です