お月さま

今日はすごく珍しいスーパームーンだったようですが、残念ながら東京は雨でした。。。

先日、まだ満月ではないけどすごく綺麗なお月さまが空に浮かんでいたので、長男に「おつきさまってどうしてついてくるんだろうね?」となにかしら子供らしいことを言わないかなと思って聞いてみたのですが、答えはなんと「いまとうきょうにいるから」でした(笑。

いやー子どもって常に予想を越えてくるんで本当に油断ができません。

予想を越えてくると言えば、さいきん長男が幼稚園で借りてきた「お月さまのさんぽ」という絵本が、めちゃくちゃ素敵でびっくりしました。ブライアン・ワイルドスミスといえば独特の色彩で有名ですが、この絵本も素晴らしい。

色使いだけでなく、動物たちの毛の質感やテクスチャ、息遣いが感じられます。もうアート以外の何物でもないです。

最後の写真は、スーパームーンの日ではなく、きれいなお月さまを見た長男が「写真撮って」と珍しく言ってきて撮ったもの。

ただ美しいものを見るだけでなく、想像力と感性を使ってお月さまのストーリーを子どもたちと一緒に楽しむのも良いなと改めて思いました。

子どもにはどういう風に周りの世界が見えているのか、知りたいと思う今日この頃です。

 

dsc_1334

dsc_1335

dsc_1300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です