子育ての理想と現実。

子育てって、常に大人の「こういう風になったらいいな」という理想と、「こんなはずじゃなかったのに」という現実の戦いですよね。

先日もたまたま見つけた「カラフルコロピカどろだんご制作キット」、長男は元々どろだんごをつくるのが好き&上手なので、対象年齢が6歳以上ということでしたが、トライしてみました(だいたいこういうのが間違いの元)

理想形↓。ピカピカに輝く、つるつるのカラーどろだんご。これは大人でもほしい。なんか色々分かれた原材料とかも、ワクワクしますよね。ワクワク。始める前は。

こちらが現実↓。長男も頑張ってはいましたが、いかんせん工程がおもったより複雑で、しかも全部一気にやらないといけないのに途中で待つ過程も入るため、なかなか集中力などがキープできず、なんか丸くもない、ピカピカでもない、色もない謎の物体に(笑)

しかも、この粉が絶妙に粘土的なもので、かつ色付きなので、処理が困る困る。。。家の中が砂っぽく、かつ濡れると色が発色してくるという悲惨な状態でした・・・。まあ、こうやって子どもも大人も学んでいくんですね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です